ヒアロディープパッチは目元や口元のシワに効果あるの?

ヒアロディープパッチは目元や口元のシワに効果あるの?

 

目元や口元は保湿が大事。

 

そもそも肌には保湿が欠かせません。

 

ヒアルロン酸は肌にある物質という事もあり、多くのスキンケアに配合されていますね。

 

私が現在使っている化粧水にも入っています。

 

体にもある成分ですが、歳をとるにつれて体内のヒアルロン酸が減る事もあって、定期的に与える必要があるんです。

 

万が一ヒアルロン酸がなければ、肌は乾燥してしまい、見た目が潤っているように見えても、奥のところはカラカラに。

 

放置しておけばシワなどが目立って、老け顔になってしまいます。

 

特に目や口の周辺は、若い人でも小じわが目立ちやすいところ。

 

しっかりとケアして行かなければ、たやすくシワができてしまうんです。

 

保湿成分はヒアルロン酸以外にもいくつかありますが、体内にある物質である事に加え、わずか1gで6lもの水を抱えるだけの保湿力を備えています。

 

その効果の高さ故に、ほかよりも優先されやすいです。

 

つまり私もヒアルロン酸不足の可能性があるという事。

 

でも、化粧水でしっかりと与えているはずなのに、何故不足してしまうんでしょう?

 

その答えは、貼り付けるヒアルロン酸が注目を浴びている要因とも関わっていました。

 

なぜくっつけるヒアルロン酸が良いのかと言うと、それは肌への浸透力にあります。

 

ヒアルロン酸は肌に欠かせない成分ですが、表面に塗るだけでなく、奥の角質層に届ける必要があります。

 

けれども、ヒアルロン酸の分子は大きく、肌の細胞の空きなどを通り抜ける事ができないんです。

 

当然肌の表面に潤いや美容成分を保持させるのも大事なのですが、根本的な肌ケアとしては1つ足りないんですね。

 

内側からケアする方法なら、サプリがありますが、腸で吸収されると肌まで到達しない事もあるそう。

 

その上サプリの場合は、全身に効果が行き渡るので、ケアも全身に対し平等に行われます。

 

目元や口元など、ピンポイントでここ!という部分をケアできません。

 

でもマイクロニードルを採用した貼り付けるヒアルロン酸なら、部位も選べて肌の奥まで成分を浸透させる事ができる。

 

その事から、部分的な肌ケアに最適として、人気に火が付いたんです。

 

私が肌の奥をケアできていないという事実は、目からウロコでしたね。

 

マイクロニードルとは?

 

くっつけるヒアルロン酸の多くは、美容液がマイクロニードルと呼ばれる極小の針の形をしています。

 

顕微鏡などで見ないと、尖っているのが分からないほどのサイズなので、貼り付ける時に痛みをあまり感じないのが特徴です。

 

個人差はありますが、何かが毛穴に入っていくような不自然さという程度がほとんどだそう。

 

その形ゆえに、肌の奥まで入って溶け、成分を浸透させる効果を持っているんです。

 

美容だけでなく健康専門でも注目されていて、予防注射などで痛みを伴う事なく行えるそう。

 

私も未だに注射は慣れず、お医者さんによっては涙が出てしまう事もあります。

 

万が一、その負担がなくなるとしたらうれしいですね。

 

使用する時に気をつけたい事

 

くっつけるヒアルロン酸は良いところが多いですが、安易に使用するのも問題。

 

最初に貼った時に痛さを感じるかは人それぞれなので、敏感肌や弱い体質の方は特に注意しましょう。

 

くっつける時は部分用の小さなタイプでも、優しくゆっくり行ってください。

 

加えてパックのように、しばらく浸透させる必要があるので、多忙な時には適していません。

 

朝よりは夜用のスキンケアですね。

 

商品の中には、就寝前に貼って、起床時に剥がすタイプも多いです。

 

さらに毎日使用するのではなく、週1や月1などの特別ケアに向いています。

 

痛みや針が入る不自然さもそうですが、いつもの基礎化粧品よりも高価なため、毎日使用するとコスパが大変なんです。

 

肌のためとは言え、使用する時は、お財布とよく相談しましょう。

 

0.2ミリの針で行う「ヒアロディープパッチ」

 

中でも人気なのが、「ヒアロディープパッチ(HYALODEEPPACH)」という商品。

 

目元用パックの形をしていて、化粧品でありながら、医学雑誌でも取り上げられるほどの効果の高さを誇っています。

 

特徴は、200μmという針の長さ。

 

200という数字を見てしまうと、大きさを感じてしまいますが、これをmmに直すと0.2。

 

1mmでもかなり小さいですが、その5分の1でしかないんです。

 

その細かさ故に、肌の奥に入った上で溶けて角質層までの到達をできるようにしました。

 

貼り付け時の痛みは、長くても15分ほどで消えるそう。

 

針自体が液体なので、溶けてしまえば痛みもなくなる仕組みです。

 

15分我慢すれば良いのなら、少々のチクチク感なら我慢しても良いと思えます。

 

なお、針が溶けてから成分の浸透までは、およそ5時間かかります。

 

この点からも、朝よりは夜のケアに適した商品です。

 

いつものケアのラストに使おう

 

ヒアロディープパッチの使用タイミングは、夜、いつものお手入れの最後です。

 

ヒアルロン酸を浸透させるためと言って、貼り付ける箇所のケアを洗顔だけで我慢する必要はありません。

 

化粧水はもちろん、美容液や乳液、クリームなども充分に使いましょう。

 

実際、いつものケアを行う事によって、肌のヒリつく感触を抑えられるというメリットがあるんです。

 

肌がヒリヒリするのは、ニードルの挿入に加えて、ヒアルロン酸の膨張によるものですが、溶けきってしまえば無くなります。

 

何もケアをしていない状態よりも、お手入れした肌の方が溶けるスピードも早いとか。

 

最低でも化粧水で肌に潤いを与えてからシートをくっつける方が、ヒアルロン酸の保湿力も発揮されやすくなりますよ。

 

逆に十分な水分が肌にないと、ヒアルロン酸を与えた事で乾燥を感じてしまいます。

 

ヒアルロン酸が周りの水分をくわえ込んでしまうからでしょう。

 

しっかりとくっつけるためのポイントとは

 

貼り付ける場合は、乾燥した手で行わなくてはいけないため、いつものケアが済んだら手はしっかりと拭いてください。

 

その上、貼り付けところもベタベタしているとシートが剥がれてしまいますから、肌に馴染んでから行いましょう。

 

早く寝たいなど、時間がないならティッシュオフしてしまうのも手です。

 

目の周りに貼り付ける場合は、約3mmほど目から離すのがポイント。

 

ヒアルロン酸が浸透すれば、目元ギリギリまで届くので、目の側にシワがある人でも安心です。

 

目に近づけすぎて、美容液を目に入れてしまわないように気をつけましょう。

 

貼ったらそのまま就寝して、翌朝に剥がしてください。

 

上でも触れていますが、ヒアルロン酸が浸透するまでに、およそ5時間必要です。

 

それ以下の睡眠時の時は、できるなら5時間経過まで貼り付けておく方が良いでしょう。

 

指で何回か、軽く押さえる事でシートは、しっかりと浸透しますが、何度も貼り直すのはNG。

 

1回貼った時点で、すぐマイクロニードルは溶け出しているので、貼り直す度に効果が薄れてしまいます。

 

鏡を見ながら貼りたい箇所を確実に確認し、仮にずれてしまったらそのまま放置。

 

次回に間違いしないようにしてください。

 

ところで、ヒアロディープパッチは週1ペースが望ましいです。

 

15日以上使ったら返金保証もある

 

ヒアロディープパッチは、購入の上でも特典があるのが魅力です。

 

最初に15日以上の返金保証。

 

正確には、15日以上25日以内と細かいんですが、要は使った人だからこそ、効果がなければお返ししますという事です。

 

15日未満でも対応してもらえるのは、体に合わない人だけ。

 

公式サイトの申請フォームで、返金先の口座を指定して、使用済みパッケージなどを返送する事で成立します。

 

返金対象となるのは1つ分だけ。

 

まとめ買いなどをした場合も同様なので、ひとまず試したいという方は1つずつ購入しましょう。

 

送料などの手数料も対象外です。

 

定期コースは3種類

 

コスパの良さを求めるなら、定期コースがおすすめ。

 

ヒアロディープパッチでは、基本コース、お試しコース、年間コースの3種類があります。

 

基本コースは、3ヶ月に3つまとめて届くタイプで、合計3回受け取る事が前提です。

 

その代わり価格が定価の15%オフで続けられます。

 

一方お試しコースは初めての方向けの内容。

 

10%割引と価格はコースの中で1番高いですが、お試しコースは、どんなときでも解約可能なのがポイントです。

 

定価より安くなるため、効果が気になるなら、単品購入よりも、お試しコースで1ヶ月解約を利用しましょう。

 

気に入ったら、そのまま続ければ良いですし。

 

また、もう1つの年間コースは、1年の継続を条件に定価の20%オフになります。

 

発送タイミングは3ヶ月ごとで、こちらは合計4回受け取る事になりますね。

 

翌朝からもちもち!

 

ヒアロディープパッチは、スペシャルケアと言うだけあって、1回使用するとなんとなく違いますね。

 

小じわは流石に1回では消えませんけど、肌の触感がもちもちします。

 

ヒアロディープパッチで目元も口元もハリアップ!

 

週1で使っていましたが、1ヶ月目を終える頃には小じわの数も減ってきました。

 

メイクノリも良くなって、以前は化粧の上からでも目立っていた小じわが、しっかりとカバーできていますよ。

 

感触は貼った瞬間に若干チクッとする事がありましたが、すぐに溶けてしまうので個人的には心配になりませんでした。

 

数を重ねるごとに慣れてしまうので、今ではこのチクチクやじわっと溶ける感覚が、潤いの目安だと思っています。

 

後日、私を老け顔と言った子が、自宅で息子と遊んでいる時の事。

 

息子の部屋におやつを運んでいったのですが、その子は私の顔を見て何となくびっくりしていましたね。

 

彼が帰った後で息子に聞いてみたら、姉か従姉でも来ているのかと思ったそう。

 

息子が母だと言ったら、余計にびっくりしていたとか。

 

このところでは、友人や夫からも若々しいって言われるようになり、大満足です。

 

まとめ

 

化粧品は効果があるのですが、肌の奥まで届けるとなると限界があるようです。

 

サプリでも結局限界があるため、それ以外の方法となれば、エステや美容外科での施術を考える人も多いでしょう。

 

けれども、仮にコスパや危険性などの理由で迷っているなら、貼り付けるヒアルロン酸という選択の余地もアリ。

 

ヒアルロン酸がニードル状になっているので、くっつける時に痛みを感じる事もありますが、角質層まで成分を届けてくれます。

 

ヒアロディープパッチは、シートタイプですから、目や口の周りなど気になったところを重点的にケアできますよ。

 

針そのものがヒアルロン酸でできているため、時間が経つと溶けてしまい、痛みが永続的でないのも魅力ですね。

 

くっつけるヒアルロン酸はいくつかありますが、私の好みはヒアロディープパッチ。

 

週1でじっくりケア可能な上に、コラーゲンやプラセンタなど、肌に優しい成分が詰まっています。

 

ヒアロディープパッチで目元や口元の著しくなった肌トラブルを解消し、年齢以上の若さを取り戻しましょう。

 

 

 

 

page top