ヒアロディープパッチで涙袋が作れるの?

ヒアロディープパッチで涙袋が作れるの?

 

下まぶたがぷっくりしているのが可愛い!と今、チャームポイントとして好評の高い涙袋。

 

二重まぶたのように、生まれつきある人と無い人がいるんですよね

 

でも、ネット上には「自力で作れる涙袋」という情報が溢れていて、挑戦する方も多いようです。

 

二重まぶただって「アイプチ」を使って作れるのですから、考えようによっては涙袋だって作れなくはないですよね?

 

その上目の下にヒアルロン酸を直接届ける事のできるヒアロディープパッチでも、涙袋が作れるのではないか!?という噂が出ています。

 

シートパックをくっつけるだけで涙袋が作れるなら、こんなに簡単な事はないのですが…本当なんでしょうか?

 

涙袋についての基礎知識や、ヒアロディープパッチとの関連性についてご紹介したいと思います。

 

目元は非常に敏感なところなので、ネットの知識を鵜呑みにしてしまうとかえってしわやたるみを生じてしまう事もあります。

 

くれぐれも気を付けてケアするようにしてくださいね!

 

涙袋は自力で作れる?

 

目元は刺激を与えすぎると危険

 

目元涙袋は「涙堂」とも呼ばれる目の下の膨らみの事を言います。

 

「ホルモンタンク」とも呼ばれる事があり、女性ホルモンの分泌が活発だと膨らみが大きくなるとも言われています。
涙袋があると可愛らしさが増すとか、人相的にも「モテ相」で良いとか言われているので「作りたい!」という女性が多いんだとか。

 

実際、この涙袋には特に働きは無いのですが、目の周りにある眼輪筋という筋肉と眼窩脂肪によって作られているそうです。

 

若いうちはチャームポイントとして羨ましがられますが、気を付けないと年齢と共に目の下がたるみやすくなってしまうという事もあります

 

眼輪筋がたるまないよう、表情筋を鍛える必要があるんですね!

 

そこまでしても涙袋が欲しい!という方が、自力で目元マッサージをして涙袋を作ろうという話を聞きました。

 

ワセリンを塗ってマッサージしたり、アイプチの涙袋版「涙袋テープ」で強制的に目の下をぷっくりさせるんだそうです。
涙袋テープり代わりに絆創膏を代用する強者もいるようです!

 

実際にやってみたわけではないので、この方法で涙袋が作れているかどうなのかは不明です。

 

ですが、明らかに目元の皮膚に悪い事ばかりですね

 

ワセリンはクリームが固いので、むやみに目元に塗りつけてしまうとお肌がたるむ懸念がありますし、適当なマッサージも目元には刺激でしかないのです。

 

目元の皮膚はかなり薄くて柔らかいので、テープをくっつけるというのもおすすめできる事ではないのです。

 

敏感肌の方は絶対にしないでくださいね!

 

メイクで涙袋があるように見せる程度で我慢しておいた方が、後々の目元の事を考えると正解かと思いますよ。
ヒアロディープパッチで涙袋を作る事はできるの?

 

ヒアロディープパッチでは、涙袋を作る事はできません。

 

涙袋を作ろうとして、無理にヒアロディープパッチを引っ張って目の下にくっつけるような事もしないでくださいね!

 

ヒアロディープパッチにはストレッチ効果などはないのですので、無理にシートを引っ張って貼ってしまうとはがれやすくなってしまいます。

 

他にもマイクロニードルがうまく刺さらない可能性もあります。

 

ヒアロディープパッチは目の下を保湿して、しわやたるみを改善するためのシートです。

 

元々、涙袋がある方がたるまないようにケアするために使用するのはいい事です。

 

涙袋が無い方は、しわのないキレイな目元をキープするためにシートを貼りましょう。

 

絶対に涙袋が欲しい!という方は、下まぶたの筋肉を鍛える事で作る事もできると言われています。

 

眼輪筋のトレーニングは目元のたるみを防止する効果もありますので、頑張ってみてはどうでしょうか?

 

 

page top